Code:インフォマティクス ジャイロアイホロ

販売

GyroEyeHoloTS+

  • MR

  • ICT

  • その他

  • 土木

  • 建築

  • 内装/設備

  • 計測

  • その他

  • 千代田測器

  • インフォマティクス

特徴
  • TSの精度でMRの現場活用をサポート
  • MRデバイスと連携しモデルを1分の1スケールで現実空間に投影
  • 出来高・出来形の確認、墨出し施工支援に
  • BIM/CIM 図面レス施工に
  • インフラ構造物等の維持管理において効率化支援
  • 対応測量機器:LN150  LN100 (Topcon)

GyroEyeHoloとTSの連携でMRの位置精度が向上

MRで注目のGyroEyeHolo

GyroEyeHoloTS+は、2D図面を素早くMR変換して現場に実寸大で投影できる注目のGyroEyeHoloをベースにした先進のテクノロジーです。

トータルステーション LN-150連携

杭打ち革命で注目の最新機器「杭ナビ」(LN-150)との連携でMR表示位置の精度向上が可能に。 HoloLensの位置を捉えて高い位置精度を実現。

MicrosoftHoloLens2対応

GyroEyeHoloTS+は先進MR技術で注目されるMicrosoftHoloLens2と、またHoloLens2が専用ヘルメットと一体になったTrimbleXR10で利用できます。

トータルステーションがGyroEyeHoloの位置を常時補足

最新バージョンは、測量における後方交会法の技術を採用し、従来MRデータを現実空間に配置するために必要としていた位置合わせを不要とし、さらに安定した精度を実現

現場での活用例

GyroEyeHoloTS+対応デバイス