Code:オートデスク コーディネート

販売

AUTODESK BIM360 Coordinate

  • ICT

  • アプリケーション

  • 測量

  • 土木

  • 測量

  • AUTO DESK

特徴
  • 建設業向けの図面・文書・3Dデータの、共有・管理ソフト
  • いつでも、どこからでも、モデルやプロジェクトデータにアクセス
  • 現場のモデルを画面に投影。完成形を見ながらの施工で手戻りなし
  • 干渉部位を検出する

BIM 360 Docs

プロジェクトの作成・データの共有

プロジェクトマネージャーは、メンバー内で共有する「プロジェクト」を作成できます。 プロジェクトメンバーは、プロジェクト内に資料・図面・写真などのデータを登録・共有できます。 登録・共有したデータは、追記・修正が可能。更新日時の表示があるので、いつ更新されたかが常に確認できます。

データの閲覧が簡単に可能

RevitやAutoCadなどソフトウェアをインストールしていなくても、ブラウザ上で閲覧することができます。

BIM 360 Glue

クラウドベースの建築プロジェクト用BIM管理ソリューション。 いつでも、どこからでも、モデルやプロジェクトデータにアクセスできる。 コーディネーション、コラボレーション、朱入れ、干渉チェックなどに対応できる。

BIM 360 Layout

BIM 360 Layoutを使用すると、現場での生産性が向上し、測量または設置される建築コンポーネントの精度が向上します。BIM 360 Layout アプリを BIM 360 と併用すると、現場作業の合理化に役立ちます。プロジェクトモデルにフィールド ポイントを作成し、LN-150を使用して、それらのポイントを現場にレイアウトします。 このアプリは、BIM 360 アカウントと同期して、ポイント位置座標の詳細を含むプロジェクト モデルのダウンロードおよびアップロードを可能にします。 LN-150とペアリングすると、タブレットやスマートフォンの BIM 360 Layout は、現場での杭打ち作業や位置検証の正確な位置にユーザを案内します。

Model Coordination

干渉部位を検出するための統合モデル空間を提供

建設計画の中では、2 人の設計者が建築モデルと配線・配管モデルとで別々に作業することがあります。これらの 2 つのモデルは、施工を開始する前に2つのデータを整合して、互いに適合できるようにする必要があります。 たとえば、電線を通すパイプが壁と重なった場合、干渉が発生することがあります。この場合、干渉部位を取り除くために一方のモデルを修正して干渉を解決する必要があります。

干渉部位を検出する

3D RVT、DWG、および IFC モデルを統合モデル空間に追加すると、それら2つのモデルの干渉部位が干渉チェックサービスによって特定されます。 プロジェクト メンバーは、検出された干渉部位を確認し、何もする必要がない場合は「非指摘事項」としてマークするか、さらに調査するために指摘事項を作成するかを選択できます。