Code:トリンブル パースペクティブ

販売

Trimble X7 【Perspective】

  • ICT

  • 3Dスキャナー

  • 測量

  • 土木

  • 測量

  • 測量・調査士・コンサル

  • トリンブル

  • ニコン

特徴
  • Trimbleレジストレーションアシスト機能搭載(IMUを使用した自動合成)
  • ラベルとアノテーション機能(現場の情報を画像やテキストに残し3次元位置に写真や情報を紐づけ)
  • タブレットに高速 Wi-Fi 通信を搭載。データを自動転送、転送後すぐにデータを確認。
  • 表示する点群から「高さ・幅・長さ」など観測作業中に、その場で計測が可能

常識を打ち破る「シンプル・スマート・プロフェッショナル」な新時代を切り拓く地上型レーザスキャナ

Trimble X7は、スペック至上主義ではなく「シンプル・スマート・プロフェッショナル」をコンセプトとし、簡単・正確・効率よくの「ワークフローの簡素化」に着目しました。 今までの地上型レーザスキャナの導入に、多くの疑問や高いハードルを感じていたお客様にもベストソリューションとしてご提供させていただきます。

リアルタイム自動合成機能

タブレットPCで動作する Perspective(パースペクティブ)ソフトウェアは、独自のロジックでステーション間で取得した点群を高速かつ確実に合成していきます。合成作業が完全に自動であることから、観測者は次々にスキャン作業を進めるだけでOK。従来、必要不可欠であった現場での複数ターゲットの設置、ターゲット位置での観測、それらの回収や移動を省略化できるだけでなく、オフィスに戻ってからのソフトウェアによる合成作業も不要です。

計測・点群スライスなど現場で多くの項目を確認

Perspective ソフトウェア上で、点群から「高さ・幅・長さ」などの計測が可能です。その場で計測できることにより、橋脚までの高さの確認など、現場で即座に寸法を把握することができ、銃器の導入経路の確保などにも役立ちます。また、特に屋内のスキャン計測では、天井や床の点群があることで確認したい箇所の点群が表示できないことが多々ありますが、スライス機能を使うことで表示範囲を自由に制限し、点群を容易に確認することが可能です。

高感度モード搭載

従来のレーザスキャナではスキャンできなかった低反射率の対象物も Trimble X7 はスキャンすることができます。高感度モードを選択することにより、照射するレーザの波長(周波数)を変えることにより、アスファルトや黒っぽい対象物も確実にスキャンできるようになりました。