2021.05.11

GLS2200

正確な3D点群データで高精度面管理を実現!
・器械点・後視点法/後方交会法プログラム搭載
・360°プリズムにも対応する長距離ターゲットスキャン
・面精度が1mm (σ) に向上
・HDR撮影でくっきり3D点群データ生成
・リモートコントロール対応
・敏速サポート可能な純国産レーザースキャナー

8種類の測定スキャンモードを搭載
現場状況や要求精度に合わせて、詳細・高速・低出力・標準・近距離・近距離・路面・路面のスキャンモードを搭載し、様々な計測シーンでご利用いただけます。

路面モード搭載
反射率の低い暗色の路面でも、舗装面計測用の路面モードを使用することで測定が行えます。新設のアスファルト舗装面の測定には、路面(高出力)モードが適応

簡単で高精度 器械点・後視点法/後方交会法プログラム搭載トータルステーションで馴染みのある器械点・後視点法、および、後方交会法をレーザースキャナーでサポート。
測量機器メーカーならではの測量方式レジストレーションを多数搭載しています。

リモートコントロール対応
Android端末から無線LANによる
リモートコントロールが可能です。

HDR撮影によるくっきり3D点群データ生成
通常画像を使用して色付けされた3D点群データは日陰が黒つぶれしたり日向が白飛びしたりしますが、HDR画像を使用すれば、より自然でリアルな3D点群データを生成します。

測定レンジによって
選べる3つのラインアップ
設備やインテリアなどの短距離から土木現場の現況作業や大型構造物まで、用途に応じて
3種類からお選びいただけます。

2021.05.11

Trimble RTSシリーズ

次へ
一覧に戻る

2021.05.11

Trimble XR10

前へ