2021.10.21

自動墨出しロボットシステム 「SumiROBO」

「SumiROBO」3つの特徴

・ヒューマンエラーのない高精度墨出し
・省力化を実現する連続自動運転
・導入を容易化するスキルフリーな運用

運用手順

〈試算条件〉
作業面積:1フロア 墨出し:墨120点の場合

①墨出しデータの準備(事務所) 【人の作業】
(約30分)
②測量機の設置、墨出し準備 【人の作業】
(約20分)
③墨出し作業 【ロボットによる自動運転】
(約4時間連続稼働)
④墨出し結果の確認

高精度墨出し

●図面に基づいた正確な墨出し
●ナビゲーションにより、操作ミスや確認漏れを防止

連続自動運転

●ロボットの行動範囲指定
●大容量バッテリ、障害物回避機能
●測量機ロストからの自動復帰

スキルフリーな運用

●墨出し経験が無くても利用可能
●墨出しデータは、ツールによりCADデータから自動変換

【主な仕様】

サイズ:約 全長720×幅550×高さ420㎜
質量:約31㎏(バッテリー5㎏を含む)
バッテリ:リチウムイオンバッテリ(稼働時間 約5時間)
走行性能:約360㎜/秒
登坂走行:最大7°
安全機能:障害物回避、落下防止、衝突時緊急停止、緊急停止ボタン、行動範囲指定
印字機能:ポイント出し、文字、シンボルマーク
墨出し精度:約±3.6㎜(印字誤差±0.6㎜を含む)
タブレット:10.1インチカラー液晶 Windows 10 IoT Enterprise
対応測量機:トプコン LN-150 LN-100

メーカー:日立チャネルソリューションズ株式会社

一覧に戻る

2021.05.11

測構ナビ3DNEO

前へ